クールジャパン動画制作プログラム 
~地域の魅力を海外に発信せよ~

Outline

株式会社リクルート『WOW! BASE』と内閣府『クールジャパン』のコラボプログラムにて学生が9日間で地域や地域に根ざした事業者の魅力を言語化・取材し、動画を制作・発信するプログラムです。今回は、「北海道東川町」「宮城県南三陸町」「石川県金沢市/加賀市」の3地域の魅力を取り上げました。プログラムの詳細をご覧になりたい方は、下記リンクからご確認いただけます。

About WOW! BASE

クールジャパン動画制作プログラム~地域の魅力を海外に発信せよ~

『WOW! BASE』では、高校生・大学生を対象に、若者と事業の「共創」をテーマに、社会課題と向き合う機会を提供しています。 多種多様な人との出会いを通じて自分の強みに気づき、リアルな課題に対して挑戦するプログラムを通年で用意しています。

Higashikawacho Hokkaido

北海道東川町





東川1班

Spread out the Epic Ground of Water東川 –
水に込められた想い

水とわたし つながる暮らし Me and Water: Connected Lives

<動画に込めた想い>
水に生かされているという日本人の感覚、水にこだわる点をクールだと感じてほしいと考え、水というテーマにこだわった。
<こだわりのポイント>
・色々な表情の水を撮影し、スローモーションや音のみの使用など多様な表現をした。
・オープニングではナレーションを用いて叙情詩的な表現で扱った。
・それぞれの事業者にとって「水とは」をフレーズで切り取った。
・水と共にある仕事の様子を「寄り」で表現した。

協力事業者様

JAひがしかわ様、三千櫻酒造様、yoshinori coffee様、宮崎豆腐店様





審査員コメント

水という難しいテーマをうまく取り上げられていた動画でした。水という存在を特段意識せずに日々消費して生きているなかで、メッセージ性の高さを感じました。落ち着いたトーンの動画ですが、最後の女性のシーンがアクセントになっていて良かったです。

コチュ・オヤ株式会社Oyraa 代表取締役社長





東川2班

Touching Higashikawa
~feel and encounter the stimulating town~

「米」と「自然」の町、東川に触れ、「五感」を研ぎ澄ます

<動画に込めた想い>
東川米を食べたいと思ってほしい
(Touching…出会う、感じる 「東川に生きる人の心や豊かな自然に触れて五感を研ぎ澄ます」)

<こだわりのポイント>
・「写真の町」なので全編に写真を入れ込み、動画で伝わる魅力と写真で伝わる魅力の両方を意識した。
・冷たい水。田んぼの土や木の匂い。自然の音。田園風景。お米の味に着目した。
・東川町の大自然は、「触・匂・視・味・聴」といった「五感」を研ぎ澄ますため、「水を触るカット」「湯気カット」など感覚に迫るカットを入れた。
・動画を通して、東川で生きる人たちの魅力、豊かな自然に触れて、東川町に興味を持ってほしい。

協力参加事業者様

JAひがしかわ様、奥泉様、りしり様





審査員コメント

米だけでなく写真の街としても紹介するなど、動画全体を通して様々な魅力を感じました。地域の方々が話している時の表情も印象的で、その地域に暮らす人の魅力も伝わってくる動画だったと思います。米についても人についても、もっと知りたい、行ってみたいと思いました。

牧野 友衛(一社)メタ観光推進機構 代表理事
日本政府観光局(JNTO)デジタル戦略アドバイザー

Minamisanriku Miyagi

宮城県南三陸町





南三陸1班

Moai “Living for the Future”
-The Symbol of Friendship and Disaster Prevention in Minamisanriku-
南三陸が教えてくれた「モアイ」の意味 〜未来に生きる〜

My rock, Minamisanriku ~第二のふるさと南三陸~ 
“Rock” は「岩」という意味と「心の支え」という意味があり、モアイ像を象徴とし、第二のふるさとのような安心感がある南三陸を表現。

<動画に込めた想い>
・現地に行ったからこそ気づいた魅力を伝えることで、南三陸に興味を持ち、来てもらいたい。
・震災を過去の出来事として終わらせず、これからの自分はどう生きるかを考えるきっかけにしてほしい。
<こだわりのポイント>
・過去と現在、そして未来(自然との共存)という流れを意識した。
・リアルな声を多く使うことで南三陸の人の暖かさを伝えた。
・あえて写真を多く使うことで時が止まった様子を表現した。

協力参加事業者様

南三陸ホテル観洋様、語り部バス様、海の見える命の森様





審査員コメント

未来に向かって生きる地域の方々の姿勢が、外国人だけでなく日本人にも伝わるディープな動画です。震災とその先にある日本人の生き方、捉え方、立ち上がる姿勢が非常に印象的で、震災と一緒に生きていくという強いメッセージ性を感じました。

コチュ・オヤ株式会社Oyraa 代表取締役社長





南三陸2班

流転(るてん)

~海とともに生き続ける〜

<動画に込めた想い>
・震災の経験を通して、日常が永遠ではないことを知っているし、変わらないものは何もない(流転)ことを理解している。だからこそ、それを尊び、日々必死に生きる地域の方々の姿勢を伝えたい。
<こだわりのポイント>
・南三陸の方々から感じた生きることへの思慮深さや、そこから派生する温かみを表現した。
・自然の脅威と向き合い、同時に恩恵を受けながら生きる南三陸の人々の姿を、日本的な死生観と関連付けた。

協力参加事業者様

南三陸ホテル観洋様、佐々木水産様、グリーンファーマーズ宮城様





審査員コメント

「流転」というタイトルが良かったです。世の中が日々変わりゆく中で、同じことがずっと続くことはありません。そのことを日々感じている地域の方々のメッセージが伝わってきました。だからこそ「今が尊く、今を生きている」ということが伝わってくる動画でした。

白坂 成功慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科委員長、教授

Kanazawa Ishikawa

石川県金沢市





金沢加賀1班

Kanazawa Food Trip : A Taste of Tradition
〜金沢ワンデイトリップ~伝統を「食」から味わう〜

楽しさと共に、金沢の伝統の食文化を未来へつなぐ。
Preserving Kanazawa’s Food Culture for the future
-Come Taste and Share !

<動画に込めた想い>
・日本へ行くこと・行き先に悩んでいる海外のZ世代へ、金沢に観光に行くことの後押しになりたい。
・動画を見ることで「同世代=Z世代」への共感を促し、金沢に「行きたい」と思える行動目的が生まれるようにする。

<こだわりのポイント>
・「金沢の食文化=郷土料理+食材+食器+しつらえ+おもてなし」など、食だけでなく歴史が積み重なった総合的な文化を伝える。そのために動画内容は、ワンデイトリップにし、同世代としての共感、体験としての共感を促す。
そのために動画内容は、ワンデイトリップにし、同世代としての共感、体験としての共感を促す。
・表現方法は、旅行を記録するVlog動画。実際に1日で巡ることができるプランを組みスポットを巡り、事業者様の思いに触れる中で、金沢そして日本の「食」の本質に迫り、この文化を未来へ伝えていく。

協力参加事業者様

金沢まいもん寿司様、やちや酒造様、中田屋様、つば甚様





審査員コメント

Vlog形式が面白いと感じる動画でした。一つひとつが具体的に紹介されているため分かりやすかったです。また作り手のインタビューも入っているため、ただ面白い分かりやすい動画ではなく、伝えたいことが伝わる動画になっていることも良かったです。

牧野 友衛(一社)メタ観光推進機構 代表理事
日本政府観光局(JNTO)デジタル戦略アドバイザー





金沢加賀2班

Traditional town rooted in SAMURAI culture -The best place to visit in Japan-

武家文化が根付く伝統的な町

~伝統の進化を、この場所で。~

<動画に込めた想い>
金沢・加賀には伝統に固執せず、常に変化していこうとするスタイルが根強く存在している。
その進化が起きている場所に、実際に足を運んで体感して欲しいと呼びかけるようなニュアンスをこめて制作した。

<こだわりのポイント>
・金沢・加賀には京都のしなやかな公家文化と合わせて、力強い武家文化が強く根付いていることを表現した。
・伝統的な文化を進化させながら時代に適応させていることを伝えた。

協力参加事業者様

金沢まいもん寿司様、GATOMIKIO様、箔一様





審査員コメント

金沢の文化を他の地域と比較することで、加賀の文化の特徴である、力強さを浮き出して伝えることができていたと思います。日本の伝統文化そのものの良さや、伝統文化が今のスタイルに合わせて進化していることが伝わる動画でした。

白坂 成功慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科委員長、教授